月別アーカイブ: 2016年2月

かすかな優しさのメンズ香水、Rochas

rochas eau de rochas

35歳の主婦です。私は数年に一度、夫への誕生日プレゼントにある香水を贈ることにしています。

ずっと以前、付き合っていた頃は、少し若い男性向き…というかキッチュで安価な香水なども時々贈っていました。ですが、「あんまり若い子っぽすぎると、時々頭が痛くなるよ~」とクレームが来ました。夫の仕事場オフィスは少し換気が悪く、個人ブースが狭いので、どんなに良い香りでもこもってしまうと頭痛の原因になるのだそうです。そこで、今度は少し大人向けに、と路線を変更してみたのです。

その頃まで、私は香水を選ぶ際にはどうしても、雑誌や広告等などのビジュアル的な宣伝に頼ってしまいがちでした。「こういう感じの男性がつけている香り」であり、「主人にもこんな感じの路線が似合うだろうな」という視覚での選び方です。

そこに値段という条件が入って決めていたのですが、まずは店頭で販売員さんにじっくり話をする作業から始めました。主人の年齢と性格(キャラクター性)、そして職場と頭痛の問題など、とりあえず香水にまつわりそうな部分をお話し、いくつかの製品をチョイスしてもらいました。

その時はディオールの「ソバージュ」、イッセイ・ミヤケの「ロー・ドゥ・イッセイ」などを並べてもらったのですが、Rochasという未知のメーカーのEau de Rochas、というのが一番かすかに優しく香ったのです。

さりげない微香、優しさ。地味と言えばそうなのかもしれませんが、これこそ主人にぴったりだと直感したのです。私はそれを包んでもらい、主人に贈りました。

直感は当たり、主人は以来数年以上になりますが、このRochasの香水一本を使い続けてくれています。

ラブコスメって何?初めての方へのラブコスメ

couplesnow

ラブコスメで愛される女性に変身したいと考えている人も多いと思います。
実際に、日常での生活での変化がない場合には、活用することにより、ステキな日常の変身させることが出来ます。

ラブコスメ
女性のお悩み特集があり、自分が悩んでいることを解消することが出来るサイトです。
一人で悩んでいないで参考にすることで自信を持った自分に変身できますよ。
始めてラブコスメを利用する場合には不安などもあると思いますが、使って行くと自信を取り戻すことが出来ますよ。
悩み合った商品がたくさんあります。
お徳なおまけやお風呂でのケアで自信を持てますよ。
入浴剤などを利用して、ちょっとエッチな感覚を持つ事が出来ます。
心も体もトロトロに変身して勝負しましょう。

リビドーロゼの購入その前に
リビドーロゼには男性を引き寄せる力があります。
このサイトでその正体を知ることが出来ますよ。
日常の生活で彼とのデートやSEXがマンネリ気味になっている方にお勧め。
激しく抱かれたい。
昔みたいに燃えるようなHがしたい。
もっと愛されたいなどの悩み解消することが出来ます。
愛されることにより、満足できる恋愛に導くことができるはず。

Yahooショッピング
SEXは二人で楽しむものです。
2人が満足できる商品がたくさん。
無理なく使えて自然な感じ。
2人の距離を深めるためにお勧めできるサイトです。
ベッド専用のラブコスメ人気となっています。
潤いのあるベッドインで自信のある女性から女に変身できます。
愛する2人の時間が充実。
特別な夜にお勧めできる商品もたくさんあります。
気になる匂いをケアすることが出来る商品も充実しています。

バレンタインの思い出

valentine_002

私が、バレンタインの思い出は?と聞かれてまず最初に思い出すのは、学生時代のバレンタインです。

中学生の時の文化祭の準備の時に、彼の方から告白をしてきてくれて付き合いだしたのですが、当時の私は全然素直ではなく、プライドの塊のような性格でしたので、自分から好きと言ったこともありませんでした。本当は彼の事が好きで、一緒に帰ったり手を繋ぐことも飛び上がるほど嬉しかったのですが、相手にそれを悟られないように冷静なふりをしていました。

そんな私でしたので、彼と付き合って初めてのバレンタインデーが近づくにつれて、とても悩みました。一応彼にプレゼントするバレンタインチョコは購入してはいたのですが、どうやって渡そうかというのが本当に悩みどころでした。

教室に行って大勢の人たちの前で渡すのは嫌だったけれど、自分から一緒に帰ろうと誘うのはプライドが許さなくてできませんでした。
結局、学校にチョコを持って行ったのに、渡すことが出来ずに帰りのバスに乗ってしまいました。

なんだか惨めで恥ずかしくて、バスで一緒になった友達に、強がって「食べちゃおー」なんて言いながら、心で泣きながら食べました。


その後も彼は、何事もなかったように私に一緒に帰ろうと誘いに来てくれました。
でもきっと、友達に色々と言われていたと思うし、もらえなかったと落ち込んだと思います。
何も言わない彼の優しさが逆に私の心を責めました。

そしてホワイトデーの日。彼は私に可愛いぬいぐるみをプレゼントしてくれました。
私は何もプレゼントしていないのに。泣きそうになりました。
今でもそのぬいぐるみは大切にとってあります。

彼とは別れてしまいましたが、本当に良い思い出で、それ以降、私は自分の気持ちは素直に相手に伝えようと心に決めました。
今の幸せがあるのは、あの時のバレンタインがあったからだと思っています。