月別アーカイブ: 2015年5月

化粧や髪の色を明るくしてマンネリを改善

メイク用品

化粧を変えてみました。
彼とのマンネリには、いつもの化粧を少し大胆な感じにするのです。

アイシャドウをうっすらと塗ってみたり、
まゆ毛の色を明るくしたり、剃って形をシャープにしたりしました。

口紅の色もオレンジ系の明るいものにしてみました。
そしたら「いつもよりも可愛いよ」と言ってくれました。

頬を明るめのチークを入れてみたり、ファンでの色を明るいものにもしてみました。
すると、顔の印象が明るくなりました。
それが彼にとても好評で、もっと愛してくれるようになりました。

いつも同じような色の口紅やチークではマンネリしてしまうので、
その日によって色を替えてみたり、季節によって替えてみました。

髪の色も変えてみました。
いつもは深めのブラウンですが、明るめの栗色にしたり、
イエロー系の髪の色にしてみました。
それだけでガラリと雰囲気が変わり、彼氏もより興味を示してくれるようになりました。

爪の色を明るくしたり、ビーズを付けて可愛くもしてみました。
ネックレスを付けたり、イヤリングを付けたりもしました。
ちょっと派手めな女の子を演じると、彼氏はとても喜んでくれました。

少し太ってしまったので、ダイエットもしました。
ダイエットをしてウエストを細くして女性らしいスタイルにしたり、
二の腕を細くもしてみました。

太ももも細くして、より女性らしいほっそりとした綺麗な脚にストッキングを履いてみました。色っぽくして、より女性らしい容姿にしてみました。
すると、マンネリだった雰囲気が変わりました。

リビドーロゼ

二人で小旅行をして気分をリフレッシュ

風景

彼とはもう付き合って長いので、
ちょっと気を抜いてしまうとマンネリ気味になってしまいそうです。


一緒にいて気が楽になるというのは良い事ではありますが、
やはり恋人であるなら新鮮な気持ちも味わいたいもんですよね。

私達カップルの場合、半年に一回ほど小旅行へ行っています。
連泊する旅行は仕事柄難しいので、
毎回一泊二日しか出来ないのが残念ではありますが。

それでも私達カップルにとってはこの小旅行で、マンネリ化解消できていると思います。

初めて行く場所では色んな発見とかがあって、
それを彼と一緒に味わう事ができるのがこの旅の良い所です。


いつも行くようなデート場所だと見れないような、美しい景色に二人で感動したり。

そういう時って不思議とロマンチックな気持ちになって、初々しい気持ちに戻ったりします。

この時に必ず私達のどちらかが写真を撮るんですが、
アルバムを後から見直すのもまたいいものです。

また、普段は節約生活をしていますが、旅行の時ばかりは贅沢にお金を使います。
宿泊先のホテルでは全身マッサージ体験にレジャー施設を満喫したり、
豪華ディナーをフルコースで注文したりします。

基本的にはアウトドア的な旅行なのでラフな服装で外に出歩きますが、
ディナーの時は少しドレスアップして思いっきり豪華な雰囲気を楽しんでいます。

普段と違う事を二人で楽しむとそれだけで、
旅行の翌日からまた新たな気分で一緒にいる時間を楽しむ事ができます。

2人で楽しく食事したりゲームをしてマンネリを解消

遊園地

彼とのマンネリ解消法はお互いが良いなと思う場所に行ってみることです。
乗り物が好きな彼氏とはゴーカートに乗れる施設に行ってみました。
その2人がお互いが行ってみて楽しいなと思えて、マンネリも解決できました。

マンネリ解消法は美味しいものを食べに行くことも大切です。
二人が好きな料理が食べれる場所に行くのが良かったです。

自分はグラタンが好きで彼氏がピザが好きなので、
雰囲気の良い郊外の洋食屋さんに行ってみました。
いつもよりも楽しく食べることができました。
美味しい料理を一緒に食べたらなら、二人の関係も新鮮なものになりました。

郊外に行くのはそこまで素敵な田園風景や山の風景、海の風景が見れるからです。
そういった風景を見ることで、お互いの気持ちも深まりました。

彼とのマンネリ解消法では、刺激的なファッションを取り入れるのも良い方法でした。
可愛いミニスカートやフリルの服、ショッキングピンクなどの服を可愛く着こなすのです。
髪型も可愛くすれば、より彼のハートを掴むことができました。

楽しいゲームをやるのもマンネリを脱却できるポイントでした。
冒険ができるような、二人で協力してできるゲームがマンネリ解消に役立ちました。
二人でずっとプレイができるような楽しいゲームを探すのが良かったです。

自分の部屋をおしゃれにするのも良い方法です。
女性らしいカーテンやベッドカバー、雑貨類を置くのです。
ハート柄が1番彼が喜んでいました。
「彼氏がまた来たいな」という部屋作りをしました。

しばらく会わない後に女性の部分を全開放する

夜景2

彼とのマンネリ解消法は、やっぱり「少し距離を置く/そして激しめ行為」が効果てき面かなーと思いますね。自分自身の経験からもとくに。

やっぱり付き合いが長いと、どしてもマンネリ化してくるものです。
もっと言えば、付き合いが家族的になってくるものです。

たとえば、家事は自分でやっているにしろ、たとえば付き合いが5年以上を経過してきますと、「眉毛カットしてー」ですとか、「尻のこの部分が赤いんだけど写真撮って」ですとか、「でっかい虫がいたつかまえて!」ですとか、もう相手もかっこいい自分であろうとするのを忘れてきたりするわけなんです。

けれどもまあ私にしても、平気で全裸でうろうろしたりですとか、
彼氏の前でもストッキングのずれを平気でなおしたりですとか、
おもむろにブラジャーに乳を入れ直したりですとかしていますので、
他人のことは言えないわけです。

しかしここで、新鮮な気分を取り戻すのは、
3週間以上会うのをやめた後でのデートなんです。
しかも外で待ち合わせというところにて。

やっぱり付き合いが長くなってきてしまいますと、
お互い楽な方向に流れて、どちらかの家に集合といった風になってきてしまいますもん。

そこで今一度気持ちを正す意味でも、しばらく会わなかった後の外で待ち合わせのデートがピリッと空気を呼び戻すのです。

そして彼に「女性の部分」を見せる。これ、マンネリ解消に結構効きますね。

近しい人にこそ、伝える努力をする

カフェ

結婚して20年も経つと、あるいは結婚せずとも長く一緒にいすぎると、
マンネリどころかもうお互い空気のような存在になります。
そのうえ気をゆるしすぎて言葉使いや態度も必要以上にキツくなってしまいます(もちろんお互いに)

今まで、これではいけないと思った時期が何度かありました。
どうしたらいいかなと考えて私がまずした事は、
外でお茶(食事)をすることです。

一緒に生活していると、どうしても家で過ごす時間が多く、
デートなどはほとんどしなくなって出かけても近くのスーパー程度。
ですので、近くの喫茶店やカフェに久しぶりに美味しい珈琲を飲みに行こうと誘いました。

やはり場所が変わると新鮮な気持ちになるのか不思議と会話もいつもより弾みます。
些細なことですが、「打てば響く」感覚が戻ってきます。

他には、仕事に送り出す時に玄関まで行って見送る事をしました。
ただ「行ってらっしゃい」というだけですが、
一週間もすると相手からも「そっちも無理しないで」や
「なるべく早く帰るから」という言葉か聞けるようになりました。
そう言われるとやはり嬉しいですよね。

長く付き合っていくとマンネリしてくるのは誰でもどうしようもないことだと思います。
最初のようなときめきや胸の高鳴りをいつまでも保つのは困難なことです。

けれど、大切なひとな事にはかわりないのでその気持ちを伝える努力・・・
ほんの小さな事でも『”あなたの事を考えてますよ”と知ってもらう事』が大事な事なのだと思います。

「相手が喜ぶ事をする」、よく人付き合いの基本で言われますが、
近しい人にこそ、すべき事なのかもしれません。