カテゴリー別アーカイブ: アイテム

かすかな優しさのメンズ香水、Rochas

rochas eau de rochas

35歳の主婦です。私は数年に一度、夫への誕生日プレゼントにある香水を贈ることにしています。

ずっと以前、付き合っていた頃は、少し若い男性向き…というかキッチュで安価な香水なども時々贈っていました。ですが、「あんまり若い子っぽすぎると、時々頭が痛くなるよ~」とクレームが来ました。夫の仕事場オフィスは少し換気が悪く、個人ブースが狭いので、どんなに良い香りでもこもってしまうと頭痛の原因になるのだそうです。そこで、今度は少し大人向けに、と路線を変更してみたのです。

その頃まで、私は香水を選ぶ際にはどうしても、雑誌や広告等などのビジュアル的な宣伝に頼ってしまいがちでした。「こういう感じの男性がつけている香り」であり、「主人にもこんな感じの路線が似合うだろうな」という視覚での選び方です。

そこに値段という条件が入って決めていたのですが、まずは店頭で販売員さんにじっくり話をする作業から始めました。主人の年齢と性格(キャラクター性)、そして職場と頭痛の問題など、とりあえず香水にまつわりそうな部分をお話し、いくつかの製品をチョイスしてもらいました。

その時はディオールの「ソバージュ」、イッセイ・ミヤケの「ロー・ドゥ・イッセイ」などを並べてもらったのですが、Rochasという未知のメーカーのEau de Rochas、というのが一番かすかに優しく香ったのです。

さりげない微香、優しさ。地味と言えばそうなのかもしれませんが、これこそ主人にぴったりだと直感したのです。私はそれを包んでもらい、主人に贈りました。

直感は当たり、主人は以来数年以上になりますが、このRochasの香水一本を使い続けてくれています。

冬の白はやっぱり人気!

秋冬のデート服と言えば、スカートにブーツは鉄板と雑誌でもよく見ますよね。今年はニットがたくさん出ているので女の子が可愛く見えるコーディネートがたくさんできます。

 

例えば、白のタートルネックのニットワンピースに、ベージュ、キャメルのコート、シンプルな黒のショートブーツを合わせます。同系色のベージュ系のハットを合わせてもいいでしょう。

 

バッグはクラッチバッグや小さめのチェーンバッグが似合います。とにかくデートのバッグは小ぶりなのがいいです。

 

アクセサリーも上品な小ぶりな物をつけすぎない方がいいです。 カジュアル派やパンツ派の人は温かい白のレギンスパンツに、ゆったり目のベージュのタートルネックニット、それにチェックのストールを巻いて、ジョッキーブーツかサイドゴアのショートブーツを合わせてみては。

 

コートがいるなら今流行りのガウンコート、フード付きでもいいですね。 髪は手ぐしでさっとまとめた低めのポニーテール。手首にアクセントでゴールドのバングルをつけるのもいいと思います。

 

バッグはLLビーンのトートにエルメスのスカーフをさり気なく巻いてクラスアップもあり。 もちろん、小さめのショルダーバッグでもクラッチでもオッケーです。

 

寒い日はニット帽をかぶってもいいでしょう。 流行に敏感なデートは、白のざっくりタートルネックニットにワイドの白パンツ、ジミーチュウのポインテッドトゥで、ゴールドバングル、クラッチバッグで大人デートスタイルの完成です。

ディオール「ディオリッシモ」


結婚してからの誕生日プレゼントとして夫から贈られました。(ちなみにそれまではリビドーロゼを普段使いしていました)。

夫は香水のことなど何も知らない人なので、なぜディオリッシモを選んだのかわかりません。会話の中で私が言ったのかもしれませんし(たぶんそうではないかと思っています)、もしかしたら会社で女性たちが話しているのを聞いたのかもしれません。
子どもが小さいときは家族連れでの外出ばかりで、香水などつけようという気にさえなりませんでした。ほとんど使わずに仕舞ってありました。

でも子どもも成長した今では、休みの日は夫婦二人で出かけることが多くなってきました。デートと呼ぶには落ち着きすぎている二人ですが、少しいい場所に行くようなときはディオリッシモをつけることがあります(ラーメンを食べに行くときはつけませんが)。
ディオリッシモは今は亡きダイアナ妃が愛用していたという香水です。甘い花の香りはやはり若い女性のもの、というイメージがあります。五十代になった私がつけるには少々甘すぎるかなと思わないでもないですが、気持ちだけでも若々しく、という気持ちでつけています。

普段、あまり女らしい装いをしないので、香水をつけると主人は喜んでいます。私自身も香り一つでどこか気分が変わります。華やかであらたまった気持ちにさせてくれます。荒っぽい言葉や、ガサツな動作は似合わないと感じ、指先や目線などにも気を配ろうとしてしまいます。

香りというのは本当に不思議ですね。目に見えないものですが、心のありかたに大きく影響すると思います。